イタリアで買ったドライトマトの日本語の説明が凄い投げっぷりで笑うw

 

ツイ主の母がイタリアで購入したドライトマト。
日本語で調理法が書かれていたので読んでみたら、内容がぶっとんでいて大笑いする羽目に。

一体何と書かれていたのだろうか?

スポンサーリンク

日本だけ数日待たせた挙句、最後はENJOY!!

image:
出典:@rasu172:Twitter

イタリアで購入したドライトマトのパッケージ裏に、各言語に翻訳した調理法が書かれていた。
さっそく日本語の説明を読んでみると…

1)水と鍋にトマトを入れて、
それらを1分間ebolizzioneをもたらすために酢の先端)。
布でまたは数時間乾燥さ約3)
わずか4)ニンニクで味付け、オレガノのピンチ
唐辛子とオリーブオイルをボトルに注ぐ。
数日後にENJOY!!!!!!!!!!!!

「酢の先端」とか「オレガノのピンチ」に笑ってしまったけど、最後の「ENJOY!!!!!!!!!!!!」で完全にやられたww
数日待たせた挙句に「後は適当に楽しめ」的な投げっぷりが、いい加減すぎて酷い🤣
もはやオレガノではなく、こちらの腹筋がピンチ‼

よく見れば英語は8時間、ドイツ語は5時間待つと書かれていて、どれも翻訳がめちゃくちゃw
何で日本語だけ数日なのか疑問だけど、それ以前にENJOYなんてどの言語にも書かれていないのに、一体どこから出てきたんだか😅

「顎外れそうなほど笑った」リプとツイ主のやり取り

沸騰や味付けの後に数日も待たせたら、オレガノがピンチになるどころじゃない!w
その後は誰も展開が予想できないから、ENJOY!!!!!!!!!!!!で書き逃げしたんだろうか( ̄ー ̄;)

「日本語の説明自体がカオスw」その他反応リプ

途中までは頑張って説明していたのに、最後の一言で台無しにしてしまって笑うしかない😂
適当に作ったら後はノリで乗り切れみたいな、外国人特有の大雑把さ、ここに極まれり‼

スポンサーリンク

この記事を共有する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事 - こちらもオススメ!