何エビなのか不明なエビカレーの食品サンプルが陳列されていた

 

時に飲食店は、客の目を引くために変わったメニューを提供することがある。
とあるレストランで陳列されていたエビカレーという食品サンプルが、「何エビなのかわからない!」と話題に。

一体どんな見た目をしているのだろうか?

スポンサーリンク

コロッケにエビの尻尾がついたようなエビカレー

image:@kiikurute
出典:@kiikurute:Twitter

とあるレストランで見つけた食品サンプル。
食品名は「エビカレー」と書かれているが、カレーの具材に注目!
端っこにエビの尻尾がついた、明らかにコロッケとしか思えない物が乗っている‼
コロッケの中にエビの中身が入っているのか、はたまた申し訳程度に尻尾を付けただけなのか…
見た目では判断できず、謎は深まるばかり🤔

場所は京都競馬場3Fの白鳥というレストラン

この食品サンプルを展示しているのは、京都競馬場のグランドスワン3階にある「白鳥」という洋食レストラン。
一体何エビなのか興味を持って、実際に食べに行く猛者は現れるのだろうか⁉

「エビの開きフライ?」反応リプ一覧

「海老の尻尾だけカレー」や「エビの開きを揚げたもの」など、リプでは推測の声がいくつもあがった。
開きにしてもあまりボリュームなさそうだし、そもそもどうしてエビを採用したのだろう…
果たしてコロッケの中身はどうなっているのか?気になって夜しか眠れない‼🛌

京都競馬場ホームページ

スポンサーリンク

この記事を共有する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事 - こちらもオススメ!