秋葉原の10年前と今を比べると変わりすぎ!店は別物になって駅は綺麗に

 

日本でも有数の電気街であり、流行の発信地でもある秋葉原。
その特性を持つため街の変化も目まぐるしいが、今と10年前の写真を比べてみたら驚くほど変わっていたことに気づく。

店や広告、看板など、10年でガラリと変化した街並みを見ていると、時の流れの速さを感じずにはいられない!

スポンサーリンク

今と10年前の秋葉原の街並みを比較した写真

image:@PhotoAkiba
出典:@PhotoAkiba:Twitter

10年の間にすっかり変わってしまった秋葉原。
石丸電気はボークス、武富士はAPPLEに店を変え、そして広告も当時流行していたらき☆すたから格安スマホ販売の宣伝に変わってしまった。
唯一、右下の黄色いタクシーが10年前と今で奇跡的に同じなのがすごいw

image:@PhotoAkiba
出典:@PhotoAkiba:Twitter

10年前は低かったテナントも、一番高いビルに合わせて増築。
それと同時に看板や広告も増え、より一層華やかに。

image:@PhotoAkiba
出典:@PhotoAkiba:Twitter

どこか寂れた風情だった秋葉原駅も、10年で垢抜けた駅舎へと様変わり!
駅前も綺麗になり、より一層明るい街並みになっている✨

image:@PhotoAkiba
出典:@PhotoAkiba:Twitter

10年前は建築中だった建物も、今はビックカメラが店を構えている。
他にも色々と店舗が変わっているが、道路標識や街路樹、交差点に集まっている人の多さは変わっていない模様。
同じ秋葉原の写真でも、昔と今でずいぶん違っていて興味深かった😆

「間違い探しみたいで面白い」反応リプ一覧

10年で驚くほど変わった秋葉原を見て、時の流れの速さをしみじみ感じた人もいた。
10年前の広告に書かれていた内容を見ると、当時の流行を振り返っている気分になれて面白い!
今の風景が次の10年でどう変わっているか?そう考えるとちょっとわくわくする(っ’ヮ’c)

スポンサーリンク

この記事を共有する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事 - こちらもオススメ!