ロックスターになる夢を持つ少年が草原のポスターを買った理由に感動

 

ギターを弾くのが好きな少年の夢は、ロックスターになること。
そんな彼が、お小遣いで憧れのミュージシャンではなく、草原のポスターを買った理由は…

ひたむきな心を持つ少年の夢を描いた漫画に、感動する人が続出!

買ってきたポスターで夢を叶えた少年

image:@odorukodomo8910
出典:@odorukodomo8910:Twitter

自室でギターを演奏していた少年。
満足するまで弾ききっても、そこにいるのはただ一人。誰も聴いてくれる人はいない…

ふと、何か思い至った少年が、母親のもとを訪れる。

「おこづかいで部屋に飾るポスター買ってもいい?」

そのお願いに、「あらいいわね」と賛同する母親。
この時は、ビートルズやオアシスなどのミュージシャンを思い浮かべていた模様。
(子供に通じるのかというツッコミはなしで)

image:@odorukodomo8910
出典:@odorukodomo8910:Twitter

しかし買うのはミュージシャンではなく、草原と答える少年。
どうして草原なのか?疑問に思いながらも、おこづかいでポスターを購入。
ルンルン気分で部屋に向かう少年を見て、母も「良かったわね」とニコニコ😊

そうして部屋に着くと、さっそくポスターを壁にペタペタ貼りつけた。
このポスターで何をするつもりなのだろうか?

image:@odorukodomo8910
出典:@odorukodomo8910:Twitter

持っていたクレヨンを取り出し、思うがままに絵を描いていく。
そして完成すると、ギターを構えて足早にポスターへと向かった。

「僕の夢は、ロックスターになることです」

image:@odorukodomo8910
出典:@odorukodomo8910:Twitter

目の前で待っていたのは、少年を応援しに駆けつけた大勢のファン!
みな期待満面の表情を浮かべながら、少年を温かく迎える。
演奏を聴きに来てくれた人達に、手を上げることで応える少年。
そして彼は、自慢の一曲を奏で始めるのだった――

少年のまっすぐな想いと、自ら夢を叶えようとする行動に心を揺さぶられて、思わず目頭が熱くなった。
誰もいないという現実に諦めず、前向きに考えた結果がポスターに自分のファンを描くこと。
こういった形で夢を叶えることもできるんだなあ(つω-`。)

「すごく素敵で感動した」反応リプ一覧

夢を見て、その夢をしまっておかずに他人にも見せる。とても素晴らしい心がけだと思う(。→∀←。)
どんな時でも夢を諦めなければ、必ず将来の成功へと結びつくはず。
少年が大人になる頃には、本物のミュージシャンになっていて、ポスターの光景も現実のものとなる。そう信じている👍✨

この記事を共有する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事 - こちらもオススメ!