余命わずか…ガンに冒されたおばあさんのドラクエにまつわる感動話

 

2016年、抗がん剤導入のため入院していたおばあさん。
彼女が楽しみにしていたのは、2017年7月29日に発売されるドラゴンクエスト11
しかし発売まで体が持つかどうか、危うい状況だった。

そして、月日は流れて一年後。
果たしておばあさんは、無事ドラクエ11を購入することができたのか?

ドラクエ11クリアまで生きたい!おばあさんの願い

スクエニ、おばあさんが生きているうちに超がんばれ…!


出典:@momoirocanzume2:Twitter

入院中、タブレットでずっとドラゴンクエストをプレイしていたおばあさん。
看護師から検温のお願いされても、セーブするまで待たせるほど夢中だった🎮

次のシリーズは11。
オンラインではないことに喜ぶが、この時点でガンはおばあさんの体を確実に蝕んでいた。
来年まで体が持つかどうか…先行きが不安でうなだれるおばあさん。
その背中を見た看護師のゆつきさんは「スクエニがんばれ……超がんばれ!」と心の中で声援を送る――

何かもう…この時点で泣けてくるんですけど( ノД`)
頼むおばあさん、頑張ってくれ!

ドラクエ11発売後、ゆつきさんが呼ばれ…


出典:@momoirocanzume2:Twitter

そしてドラクエ11が発売された2017年7月29日
ゲームコーナーに並ぶドラクエ11を見て、「Tさんも買えたかな」と心配するゆつきさん。

数日後、ゆつきさんにお呼び出しが。
何と車椅子に乗り、一年前よりもガリガリになったおばあさんが現れ、ゆつきさんにニンテンドー3DSを見せてきた。

「これ……始めたからには、クリアしないとな!」

その姿を見て、ゆつきさんも(良かった…!)とばかりに感動。
一緒に楽しもうと、すれ違い通信を持ちかける――

「ドラクエ11をクリアするまで絶対生きる!」という、おばあさんの意気込みに胸を打たれた。
病気なんかに負けないという心は、人をも強くするんだなあ(つω-`。)
おばあさんが生きているうちに発売されて、本当に良かった。

あれから二ヶ月以上。
今はもうクリアしたのかな?できたと信じたい。

「ゲームって良い趣味だなあ」リプとツイ主のやり取り

楽しみというのは、何も読書や手芸だけに限らないということ。
今後はゲームも選択肢の一つとして広まっていけばいいな。

「生き甲斐は大事」その他反応リプ

つらい時だからこそ、気を紛らわせる何かは大切!
何もしていない方が、却って思考面もマイナスに傾いてしまうから…(((´◦ω◦`)))

世間もゲームを白い目で見るより、こういった場面で活かせるということを認識していって欲しい。

この記事を共有する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事 - こちらもオススメ!