YouTubeあるある…文字スクロールだけだった時のなぜ動画にした感

 

YouTubeなどの動画サイトで、面白そうなタイトルとサムネを見つけたから、ワクワクしながらアクセス!
しかし、肝心の内容が期待外れでガッカリすることもしばしば。

「特にYouTubeでこんな風に思ったことない?」といった経験談が、「わかる」とツイッターで話題に。

文字が下から上にスクロールするだけの動画


出典:@y_haiku:Twitter

江戸時代の町人のような出で立ちをした人が、パソコンとにらめっこしている絵。
何で現代的なハイテク機器を持っているんだというツッコミはともかくとして、画面に映っているのは、文字が下から上にスクロールするだけのYouTube動画。
特にクイズ系や、○○(外国とか)の反応を紹介する時に多いこの表示方式。

文字がスクロールするだけってどういうの?という方のために、再現した例をご紹介。

これを見て、わざわざ動画にしなくてもいいんじゃ?と思うと同時に、ある感情が浮かぶ。

「面白そうだなと思って見たユーチューブの動画が、文字がスクロールするだけの動画だった時の苛立ち」

まったくもっておっしゃる通りでござる😅
さらに、画像がずーっと同じ一枚絵だったり、前置きが長すぎてダラダラしていたりすると、余計虚しさが増すという。
静止画にするくらいなら、他のSNSやブログなどで投稿すればいいだけでは…と思ってしまったり。

「低評価待ったなし」反応リプ一覧

YouTubeは動画再生数が広告料となるだけに、一つでもアクセスを稼ごうと、こういったテキストだけの動画が蔓延しているのも事実。
規約違反には当たらないけれども、視聴者からすれば物足りない感がするのは確か。
文字だけで提供するなら、せめてスクロールの速度や文章の長さを調整するなど、工夫して頂きたいものです_(┐「ε:)_

この記事を共有する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事 - こちらもオススメ!